新企画シリーズ “21世紀の未来社会―世界的複合危機、混迷の時代を生きる―” のホームページ連載にあたって

 猛暑も過ぎ去り、いよいよ読書の秋。
 来たる10月初旬より、新企画シリーズ “21世紀の未来社会 ―世界的複合危機、混迷の時代を生きる―”(全13章、小貫雅男・伊藤恵子)を当里山研究庵Nomadホームページに、1週間ごとに各章順次、連載していきます。
 ご友人の方々にもおすすめいただければ嬉しいです。
 この新企画シリーズのスタートにあたって、筆者からのメッセージと目次を以下に掲載いたします。

葉っぱと木の実

ここに、生きる喜びの泉あり
――闇夜をつんざく未来への閃光
 大地に託す民衆の熱き思い
 若き新時代の鼓動が聞こえてくる――

事もあろうに、選りによって
世界に誇る日本国憲法を憎しみの最たる標的に
戦後一貫して民主主義を蔑ろにし、切り崩し
軍国日本の復活を狡猾にも強行してきた
歴代の自民党政権
図らずも安倍元首相銃撃事件によって
その歴史の真相とその根の深さが
一気に白日の下に曝け出された。

旧統一教会と自民党政権との深くて醜い因縁
背後で蠢く超大国の無気味な黒い影
底知れぬ恐るべき深い闇
果てには国民を欺き、そそくさと国葬を強行する
どこまで堕落すれば気が済むというのであろうか
あまりにも政治にウソが多すぎる。

平和と民主主義、基本的人権を土台から踏みにじり
事ここに至っても平然とうそぶき逃れ
恥とも思わぬ国会議員・地方議員たちの群れ
戦後長きにわたって築かれてきた
政・官・財の鉄のトライアングル
この忌まわしい権力構造に媚びへつらい
報道倫理をかなぐり捨てたマスメディアの憂うべき現実
まさにそこにこの国の政治の腐敗と危機
闇に隠された真実をまざまざと見る思いがする。

戦後77年間、そんな政治を私たちはなぜ許してきたのか
今、悔恨の念をもって
自分自身の問題として深く心に刻み
自らの生きる道を根源的に問い直したい
徹底して考え抜きたい。

欲望と敵愾心にまみれ
澱みきったこの世に代わって
草の根の私たち一人ひとりがまことの主体となる
そんな新しい社会とは一体何かを
とことん語り合いたい
そして、未来への確かな希望を胸に
一歩一歩、着実に踏み出して行こう
まさにここにこそ
21世紀を生きる新たな喜びの泉がある。

敗戦直後の空腹と貧窮の中、群馬の地で結成された高崎市民オーケストラ。幾多の試練に直面しつつも、子供たちや人々の心に響く、生の美しい音楽を届けたいという理想を胸に、山奥の小学校やハンセン病療養所などを巡回しながら、地方交響楽団へと成長していく。生き生きとした草創期の実話をもとに制作された映画『ここに泉あり』(監督 今井 正、中央映画 製作、独立映画 配給、1955年)を顧みつつ、今日の日本と私たちの未来に思いを馳せる。

       ――― ◇ ◇ ―――

フクロウ2

新企画シリーズ “21世紀の未来社会 ―世界的複合危機、混迷の時代を生きる―”(全13章)

 問い続ける
 確かな明日の兆しを求めて

≪目 次≫

プロローグ (1)
 混迷の21世紀世界
 『イワンのばか』、直耕に込められたトルストイの深い思想
 今こそ民衆の創意と連帯による21世紀の未来社会を

第一章 「菜園家族の世界」―記憶に甦る原風景から― (13)
 甦る大地の記憶
  心ひたす未来への予感

 1 ふるさと ―土の匂い、人の温もり―
 2 やがてきっと甦るものづくりの心、ものづくりの技
 3 土が育むもの ―素朴で強靱にして繊細な心―

第二章 まずは、わが国社会の積年の構造的矛盾と破綻の自覚から (33)
 1 顕在化した日本社会の積年の矛盾
 2 生命本位史観に立脚し「家族」と「地域」の再生を探る
 3 歪められ修復不能に陥ったこの国のかたち
 4 機能不全に陥った近代経済学と末期重症の資本主義
 5 人類の歴史を貫く民衆の根源的思想

第三章 今こそ近代のパラダイムを転換する (69)
 未踏の思考領域に活路を探る
 人間の新たな社会的生存形態「菜園家族」が21世紀社会のあり方を根底から変える
 自然界の生成・進化を貫く「適応・調整」の原理と人間社会
 自然法則の現れとしての生命
 自然界と人間社会を貫く生成・進化の普遍的原理と21世紀未来社会

第四章 人間そして家族、その奇跡の歴史の根源に迫る (87)
 1 まずは「家族」とは何かを考える前に
 2 人間の個体発生の過程に生物進化の壮大なドラマが
 3 「家族」がもつ根源的な意義

第五章 19世紀未来社会論のアウフヘーベン (103)
 ―自然と人間社会の全一体的検証による―

 1 21世紀未来社会論の核心に「地域生態学」的理念と方法をしっかり据える
 2 21世紀の今日にふさわしい新たな歴史観の探究を

第六章 あらためて考える21世紀の未来社会 (111)
 ―自然界の生命進化の奥深い秩序に連動し、展開―

 1 21世紀の「菜園家族」社会構想 ―「地域生態学」的理念とその方法に基づく―
 2 草の根民主主義熟成の土壌、地域協同組織体「なりわいとも」の生成・展開
   ―革新的「地域生態学」的アプローチ―
 3 「菜園家族」じねんネットワークと21世紀労働運動の革新
 4 家族小経営の歴史性と生命力

第七章 「匠商家族」と地方中核都市の形成 ―都市と農村の共進化― (151)
 非農業基盤の家族小経営 ―「匠商家族」
 「匠商家族」とその地域協同組織体「なりわいとも」
 「なりわいとも」と森と海を結ぶ流域地域圏の中核都市の形成
 「なりわいとも」の歴史的性格と意義
 前近代の基盤の上に築く新たな「協同の思想」

第八章 世界的複合危機の時代を生きる (169)
 ―避けては通れない社会システムの根源的大転換―
 ――CO2排出量削減の営為が即、古い社会(資本主義)自体の胎内で次代の新しい芽(「菜園家族」)の創出・育成へと自動的に連動するCSSK社会メカニズムの提起――

 1 気候変動とパンデミック、そしてウクライナ戦争は、果たして人間社会の進化にとってまことの試練となり得るのか
 2 今日の地球温暖化対策の限界と避けては通れない社会システムの根源的転換
 3 CSSK特定財源による彩り豊かな国土と民衆の生活世界の再生
 4 露わになったこの国社会の構造的矛盾、その根源に迫るCSSKメカニズム

第九章 「菜園家族」の台頭と異次元の新たな科学技術体系の生成・進化の可能性 (207)
 ―資本の自然遡行的分散過程との関連で―

 資本の自己増殖運動と科学技術
 資本の従属的地位に転落した科学技術、それがもたらしたもの
 GDPの内実を問う ―経済成長至上主義への疑問
 「菜園家族」の創出と資本の自然遡行的分散過程
 異次元の新たな科学技術体系の生成・進化と未来社会

第十章 「菜園家族」を土台に築く近代超克の円熟した先進福祉大国 (223)
 ―高次の新たな社会保障制度を探る―

 1 原理レベルから考える「自助、共助、公助」
 2 「家族」に固有の機能の喪失とこの国破綻の根源的原因
 3 「家族」に固有の福祉機能の復活と「菜園家族」を土台に築く高次社会保障制度
 4 近代超克の円熟した先進福祉大国への可能性
 5 円熟した先進福祉大国をめざす新たな国民運動形成の素地

第十一章 「菜園家族的平和主義」の構築 (251)
 ―いのちの思想を現実の世界へ―

 1 いのち軽視、いのち侮辱の「戦争俗論」跳梁跋扈を憂える
 2 今断罪されるべきは、長きにわたる姑息な解釈改憲による既成事実の積み重ねそのもの
 3 非同盟・中立の自然循環型共生の暮らしと平和の国づくり
 4 東アジア世界を視座に未来へ

第十二章 高次自然社会への道 ―本書の概括にかえて― (281)

 19世紀未来社会論のアウフヘーベン
 止揚・熟成・・・そして根源からの大転換
    「菜園家族」基調のCFP複合社会を経て
   人間復活の高次自然社会へ
 世界に誇る日本国憲法具現化の究極の道

 1 CFP複合社会から自然循環型共生社会(FP複合社会)を経て高次自然社会へ
 2 人類史を貫く「否定の否定」の弁証法

第十三章 夜明けを告げる伝統と革新の「東アジア世界」 (305)
 ――今やわが国のみならず東アジアの民衆にとって
   自己の主体性の確立は、避けては通れない共通の急務――

 1 東アジアの民衆にとって決して避けては通れない共通の課題
 2 日本国憲法のもとではじめて甦る「未発の可能性」としての小国主義
 3 世界に誇る日本国憲法の理念こそ、東アジア民衆連帯の要

エピローグ (325)
 夜明けの歌

       ――― ◇ ◇ ―――

2022年9月10日
里山研究庵Nomad
小貫雅男・伊藤恵子

〒522-0321 滋賀県犬上郡多賀町大君ヶ畑(おじがはた)452番地
里山研究庵Nomad
TEL&FAX:0749-47-1920
E-mail:onuki@satoken-nomad.com
里山研究庵Nomadホームページ
https://www.satoken-nomad.com/
菜園家族じねんネットワーク日本列島Facebookページ
https://www.facebook.com/saienkazoku.jinen.network/